INTERVIEW

インタビュー

カウンセラー

宮田 裕也

インタビュー

学生の頃から希望していた、人の喜びを仕事に変えられる場所。

どうしてリンクスに入社を決められたのですか?



学生の頃からまわりの人を楽しませるような仕事をしたいとずっと思っていたときに、偶然リンクスについて知りました。私自身、脱毛に関心もありましたので、いくつか受ける企業の一つとして面接を受けたのです。すると、面接官だった幹部の方がとても個人的な話をしてくださり、それが心に深く刺さりまして、「こういう熱い思いを持っている方の近くで仕事がしたい!」と感じて、入社を決めました。入社してみると、思っていた通り、高い目標を持って仕事に取り組む方や、どんな困難にも負けないようにがんばり続ける人など、手本となるような方々が多く、入社して良かったと思っています。

インタビュー

脱毛が楽しみに感じられる、そんな施術を心掛けたい。

仕事をする上で、なにを大切にされていますか?



私の仕事は、既存のお客様へのカウンセリングと施術です。何度も通っていただいているお客様の満足感を損なわず、また来たいと思っていただく。それが、私の役割だと思っています。そのために、心掛けているのが、いかに施術を楽しんでいただけるかです。仮に、全身脱毛であれば3時間もの時間をかけて脱毛を行うのですが、ただただ施術を受けているだけでは退屈してしまうと思うのです。だからこそ、脱毛に関する不安や疑問を解消できるだけの知識をしっかりと培うこと。そして、会話を通してお客様の気持ちにちゃんと向き合い脱毛以外の部分にも目を向けることを大切にしています。お客様の内面に向き合えれば、信頼が生まれて脱毛に行くのが楽しみに思っていただけるんじゃないかと考えています。私自身、そういったお客様と接する時間は、仕事ではあるのですが、あっという間に過ぎてしまうほど楽しく感じるほどです(笑)。

インタビュー

人の人生にも深く関わることが、自分自身の大きな喜びになる。

この仕事の魅力は、なんでしょうか?

私が、この仕事を選んだときに適えられると思っていた、人の喜びを得られることでしょうか。一口に脱毛といっても、オシャレばかりが理由ではありません。例えば、お子様といっしょにプールに遊びに行きたいけれど、毛深いのが気になって……と、コンプレックスを解消したいということで来店されるお客様もいらっしゃいます。そうしたお客様の思いに寄り添って、最適な施術プランをいっしょになって考えて、しっかりとお望みの脱毛ができたときの喜びは格別です。人の人生に深く関わり、それが自分自身への大きな喜びにもつながっていく。まさに、私が目指していた仕事ですね。

インタビュー

平等にチャンスが用意され、もっと上を目指せる環境がある

求職中のみなさまにメッセージをお願いします。

入社してから思ったのは、社員全員に対して、必ずキャリアアップを目指せるチャンスが用意されていることです。まわりの友人たちは、どれだけ立派な会社であっても、年功序列や仕事の成果だけではない部分で評価されるなど、理不尽な思いをすることも聞きます。弊社では、そういった理不尽さがないシンプルな職場環境が特徴です。そんな理想的な環境だからこそ、私もさらに技術的にも人間的にも成長したいと強く思えるのです。会社には、個性豊かな方々がたくさんいらっしゃいますので、とにかく一度、思い切ってこの業界に入って、上を目指す気持ちがある方と、いっしょに働いてみたいですね。